mele

あと3ヶ月。

あと3ヶ月。

こんにちは。皆さんお元気ですか?

mele家は、先週あたりから息子が風邪をひき、明香にうつり、

二人ともクタクタでした。が、僕は中々風邪をひかないので一人元気に過ごしています。

息子は一時、39度まで熱が上がりもう目もうつろでグッタリ。

それでも、少しゆっくりと寝たら食欲も回復してきました。

家族が元気ってのはやっぱりものすごく大切な事ですね。

さてさてタイトルに書きましたが、何があと3ヶ月って!?!?

ここ白子でのmeleの営業があと3ヶ月となりました。

今年いっぱいは白子で営業しますので実質は4ヶ月あるのですが、定休日を入れたりすると

営業する日は3ヶ月なんです。

いや〜、びっくりです。それにしてもよく5年間ここでお店をやってこれたなって思います。

こういっちゃなんですが、本当に周りにも何も無く、場所も分かりづらい、看板もないわで。

しかも、店内(と言っても一軒家の一部屋)は狭いのでイートインもぼちぼち。

ほぼパン、ケーキの販売でなんとか5年間やってこれました。

これも、本当にお客様のおかげでございます。

ありがとうございます。

じつをいうと2年前、そう息子を授かるころに今の営業のやり方に限界を感じてたのです。

一応イートインのメニューはあるのですが、席数が少ないので中々上手く回らず、

おかげさまでパンの売れ行きは好調だったのですが、自分的には《パン屋》としてお店をやってる感じではなく、

あくまで《カフェ》としてお店を機能させていきたかった。

でも、立地と環境に限界を感じて土地探しを始めた訳なんです。

今思うと、そこで一気に進まずに息子が来てくれたおかげで、ワンクッションあって明香ともゆっくりと話し合えたし、

二人で家で息子を見つつ、お店を開けるっていうのは逆に言うと、この環境でしか出来なかったと思います。

僕は今38歳で、男として働き盛りの時期です。

本音を言うと、仕事にもっと集中して打ち込みたい!と思うのですが、

焦る気持ちを抑えて、息子とこうして家で朝も昼も夜もずっと一緒に過ごせるのは今だけなので、

その時間を大切に。後々、明香と振り返ってあの頃は大変だったけど、最幸やったね!って。

この2年間(息子を授かってから)コツコツとパンを焼き続けてきて、今思うのはやっと基本が成ってきたかも!?と。

独立してすぐは、パンに対して中々自分のスタイルも確立出来ずに苦悶しました。

今年は厳しい猛暑でしたが、生地の温度管理、水分調整など細かいところが上手くこなせるようになってきました。

基本的には、毎朝同じ作業の繰り返しですがその中で自分自身が育っていく感覚が嬉しく思います。

冬場は特に早朝は寒いし発酵は来ないし、夏は夏でどんどん発酵がきて手が追いつかないほど!ですが、

体力はある方なので、なんとか踏ん張り精神力も鍛えられてきました。

もちろん今後もパンは焼き続けますが、今は全体的に今のmeleに来て頂いてるお客様にもっともっと、

《カフェ》としてのmeleを楽しんでもらいたい!

パンだけでは無く、オムライスとか、カレーとか自分の出来ることをもって提供したい!って気持ちが強くなってきたのです。

そう、自分の可能性をもっと深く追求していく時期にきました。

《パン屋》は自分の中では自由がきかないところがあって、《カフェ》はもっと枠が無くて自分に合ってます。

岡本太郎氏が若かりし頃のパリに滞在中、よく《カフェ》に通ってたそうです。

アーティストが沢山集まり、時には政治についてなど熱く語り合ってたそうです。

そういう場を《サロン》というそうです。僕はそういう場の役割もこの世の中では大切だと思います。

日常ではどうしても、自分の好みにあった人と会う機会が多かったり、また人と会う時間がなかったりと。

でも、《カフェ》ってのは全くもって自由でどんなスタイルの人でも集まれて、またそこで新しい交流があったり。

来年の3月頭頃に、新たに《カフェ》としてのmeleをオープンします。

今は、あと3ヶ月この場所でしっかりと締めくくって、気持ちよく次のステップを踏めるように励んでいます。

今のmeleでやっているパンの発送セットも、もしかしたら今年で最後になるかもしれません。

新しいお店ではまた違った形で発送セットを考えています。

なので、食べおさめって訳ではないですが残り3ヶ月。発送セットもどしどし受付しますので、

ぜひぜひご利用ください。よろしくお願いします。

IMG_2367

 

睦沢町の現場です。

サッシも入りました。

手前は桜です。

来年の春にはここで花見パーティーをやりたいです。

あれこれ考えると楽しみで仕方ありません!

IMG_2031

今年の夏は沢山かき氷のご注文をいただきました!

これも《カフェ》ならではの楽しみ方の一つです。

こうでなきゃ駄目!なんて考えはあまり好きではありません。

9月に入りましたが、まだ氷はやってます。もう少し気候の様子を見て。

駆け込みかき氷、お待ちしています。



最近はHuluで旅猿を観ていて、息子はこの曲がお気に入りでお風呂ではシャワーを

マイク代わりに歌ってくれます。

竹原ピストルからのメドレーで。

曲名は《ひがしのりん》だそうです。

 

 

 


2018/09/04 | その他 |
長野紀行 明野(山梨)編 

こんにちは。アロハ〜。

ハワイに行きたいこの頃です。

それにしても、連日の猛暑!甲子園を見ていると毎日高温注意報で茂原が表記されてますね!

今日の白子は風が強く吹いて、今は扇風機も入れずに過ごせています。

そしてなんといっても、夕方からの海が最高です。

お盆休み終わった方も多いでしょうか?昨日の夕方はだいぶと空いてました。

息子が起きてから行くので時間があまりないですが、その中でも一本最高な波に乗れるだけで幸せです。

お腹も空いてビールも美味しい。息子も海辺を走り回ってます。

明香も冬は入らなので、このシーズン楽しんで波に乗ってます。

この環境の素晴らしさに感謝します。

そしてこの度 、facebookを辞めました。個人的にも meleのページも。

長い間ご覧いただきありがとうございます。

先日息子が「トト!携帯みないでよ!」と。ハッとして、携帯を見る時間を減らすために辞めました。

発送などのご注文や、新しいお店についてなどはinstagramにてアップしていきます。

フォローよろしくお願いします。

https://www.instagram.com/melekei/

今後、ブログに力を入れていきたいです。

ブログを書くことは自分の頭の整理にもなるし、しっかりとmeleのスタンス、スタイルを伝えていきたいと思います。

そう決意して書き始めたのが、韓国紀行に始まり、長野紀行です。

 

今回は長野紀行 明野(山梨)編になります。

前回からのあらすじ。

原村にアトリエdefさんの八ヶ岳営業所を訪れて、北杜市明野町へ。

お腹が空いたので、富士見町にある やまゆりというお店へ。

ここはうどんもあり、パンもあり、かき氷もあるというなんでもありなお店。

古民家を改装してのお店でした。ここに到着するあたりから明香が暑さにやられて少し熱中症気味に。

うどん食べて、どこか涼しいところで休んでから明野に行こうと。

しかし、お昼を過ぎていたのでうどんは終了。パンとかき氷を。

食後も元気が無く、どうしようか?と。

明野には、以前にも書いたのですが僕の旧友が営む ホタル食堂へ寄るのが目的で、

開店時間には少し早いけれど、ユウホくんに電話して事情を説明したら、「いいよ!待ってる!」と。

これで少しホッとして、下道で行くには明香が道案内が出来ずもう一度高速に乗り明野に到着。

IMG_2182

 

駐車場に到着すると、ユウホくんが植物に水撒きをしていてその姿を見ただけで落ち着きました。

ユウホくんとは、15年前くらの付き合いです。

当時、僕と明香は初めて同棲をして(高円寺です)僕は色々とバイトをしてました。

それで中野駅南口にあったフェニックスという純喫茶で一緒に働いてたのがユウホくんです。

僕の方が先に働いてて、ユウホくんが後から入ってきてその時からとにかく真面目に働く人でした。

確かユウホくんは吉祥寺に住んでて、調理学校に通いながらバイトしてたんじゃないかな。

よく中野で一緒に呑んでました。中央線ってなんか落ち着くんですよね。今はだいぶと変わったと思うけど。

僕が先に辞めて、その後フェニックスは閉店。ユウホくんは色んなお店の厨房で働いてて、僕も銀座のカフェで働いたり。

お互い飲食の道をずっと歩んできた仲間です。

僕と明香が高円寺から木場に引っ越した時にも遊びに来てくれて、カルボナーラとホタテのカルパッチョを作ってくれた。

その時はイタリアンに勤めていたと思います。嬉しかったし、美味しかったです。

そこから色々あって独立して、明野の古民家を購入して、

アイさんという素晴らしいパートナーと共にホタル食堂をやってます。

で、話は戻ります。バテ気味の明香にアイさんがさりげなくおしぼりを。

そのおしぼりにはミントの香りが。ミントで蒸らして冷やしてお店でもサービスしていました。

そしてユウホくんもさりげなくアンビエントミュージックをかけてくれてました。

後ほど、明香は音楽は魔法だ!と復活して言ってました。

座敷もあるので、横にゴロンとさせてもらい30分ほどのんびりしたら元気になってきた!

そうこうしてるうちに開店じかんとなり、す

ぐにお客さんもいらして僕たちもお腹が空いてたので早めの夕食を頂くことに。

IMG_2183

 

食事が出来るまで店内を観察。以前来た時には無かった新しい席も増えてたり。

IMG_2185

 

ここの席も旅館っぽくて良いですな。

IMG_2184

 

左にある、はっぴぃえんどの表紙の雑誌?も気になる。

ここに来る前に寄った、富士見のやまゆりというお店も古民家でしたがオープンして間もないせいなのか?、

ここホタル食堂は隅々にまで、ユウホくんとアイさんのこだわりと、愛情で溢れていてなんとも居心地の良い空間。

そして、接客も本当に見習わえば!と思う丁寧さ。

IMG_2186

 

運転があるのでノンアルコールビールを。これがまた美味い!

IMG_2190

 

そして料理も更に腕に磨きがかかってました!

まずこの日の主菜は、塩豚とセロリとトマト塩レモン炒め。

そして写真の八ヶ岳湧き水鱒エスカベッシュ風。

その他に六種類ある副菜の中から、三種類ずつ選べます。

副菜を常時六種類用意しておくのは、仕込みも仕入れも大変そう。

でも、さらっとした感じに難なくコツコツこなしてくのがユウホくん。

とにかく一つ一つが丁寧で、きちんと作り手の気持ちがこもってます。

同世代ってか同じ年にこういった良い刺激を受ける友達がいるのは本当に僕にとっての財産です。

帰宅してからは、これから、こういう風にお店を作っていこう!今のお店をもう少し、こういう風に工夫してみよう!とか、

影響をふんだんに受けました。ユウホくん、アイさん、いつもありがとう!千葉にもぜひ遊びに来て〜!

IMG_2192

 

帰りの車中で食べたおにぎりも、家に着いてから食べたメンチカツも本当に美味しかった!

食べ物、料理の本来の力強さと優しさを再確認。

そうやね、昔っからユウホくんは優しかったけどそれに、

ワイルドな力強さがプラスされてきた感じ!最高やね。

IMG_2196

 

この入り口を上がると、ホタルワールドが。

中々この立地で商売やるのは大変なところもあると思うけど、

着々と常連さんが集まって来ていて、ほんまに二人の人柄が滲み出てその結果やと思いました。



明野あたりで車で聴いてた曲です。



そして、さりげなくユウホくんが流してくれていたアルバムです。

心が鎮まります。僕も Brian enoが大好きです。こうやって新しい発見と思い出が出来て良かったです。

長野紀行もこれで終わりとなります。

エンディングに素晴らしい曲です。

みなさん、最後まで読んでいただきありがとうございます。

また、ちょくちょくと新しいお店の事などブログにアップしていきますのでよろしくお願いします。

早朝と、夕暮れに秋の虫が鳴き始めました。

もう秋の香りがしますね。

夏もあと少し。素晴らしい夏をお過ごしください。

 

 


2018/08/16 | その他 |
長野紀行 原村編

こんにちは。昨日も猛暑でしたね!

毎年、夏はパンの焼く量を少なくするのですが、白子での最後の夏ということもあり、

今年は例年より多く焼いています、昨日はさすがに猛暑で、久々にパンが残るかな?

と思い、インスタグラム、 FACEBOOKで発送のお知らせをアップしたら、沢山お電話を頂き本当に嬉しかったです。

今日は台風の影響もあり少し肌寒いくらいです。

やっぱり涼しいと朝からパンの売れ行きが好調で午後には完売となりました。

ありがとうございます。

一人で焼いているので、店頭に並ぶ量が少ないのですがその分一つ一つ丁寧に焼き上げています。

発送セットですが、夏が終わるまでの間は通常のセットにプラス1個おまけで発送しています。

お得な内容になりますので、この機会にぜひぜひよろしくお願いします。

IMG_2342

 

最近のパンです。かぼちゃ、とうもろこし、ポテトフォカッチャなど、

暑くて料理も大変なので、パンはパンでも栄養価の高いパンを。

IMG_2320

 

先日、訪れた塩尻は中野さんのスペルト小麦を配合した ティエラカンパーニュ。

オリーヴティエラも人気です。アンチョビとオリーブオイルとクミンに漬けたオリーヴとクルミがたっぷり。

レモンの皮のすりおろしを加えて爽やかに。チーズとキリッと冷えた辛口の白ワインがとまりません。

 

 

長野紀行 原村編となります。

前回ご紹介した アトリエdefさんの八ヶ岳営業所に訪れる為に行ってきました。

実際にdefさんに建ててもらう事が決まり、外構や台所の細かいところなど見てみたくって。

そう、うちの現場監督の笠原さんは原村から来てくれています!

(この間、茂原のスーパーでばったり出会ったときはびっくりしました!泊まりで来てくれているのです。感謝します。)

 

7月19日

今回の旅はスケジュールが詰まっていました。

順番で行くと、塩尻→諏訪→原村→明野

まず一番遠い塩尻へ。そこから徐々に帰ってくる感じ。

中々良いコースでした。

諏訪で一泊してのんびりと起床。

近場の銭湯に寄ってから出発のつもりが、陽がぐんぐんと昇り歩いて銭湯は厳しいと判断。

明香と相談して、茅野を抜けて原村へ行く途中にある、縄文の湯に行くことに。

旅はこうして家族で相談して決めて動いてってのが楽しいですね。

朝ごはんは、ビーナスライン沿いにあるkerockというパン屋さんへ。

ここも何度か来たことがあって、僕はデニッシュ系が好きです。

入り口にデッキ席があるので、店内でパンを買ってコーヒーも淹れてもらい食べました。

息子の食欲は暑くても全く衰えず、パンを2回くらいお代わりしに。

この辺りまで登ってくると諏訪に比べて、かなり涼しいのでパンを焼くのも楽そうです。

店員さんとその辺りについてお話したところ、建物の外壁が黒いので厨房内は暑いとのこと。

高原に来ると風は涼しいけれど、陽射しは強烈ですね。太陽に近くなって。

お腹を満たしてひとっ風呂浴びに。

縄文の湯は、蓼科高原から原村に繋がっているエコーラインという通り沿いにあります。

何度か訪れたことがあって大好きな温泉!朝の9時からオープンしてます。

まず建物が新しくて広くて綺麗。畳の休憩所もあります。

露天、サウナ、水風呂もあって子供もゆっくりと入れます。

息子は、ローカルのおじいさんに、きちんと挨拶をして中々やるな〜と思いました。

夏の温泉はとても気持ち良かったです。長野はやはりこの温泉が魅力!

近郊には道の駅 たてしな自遊農園もあります。縄文の湯は、ちょうど茅野店と原村店の中間にある感じです。

たてしな自遊農園には時間がなく残念ながら寄れず。

いざ原村へ。エコーラインは大好きな道です。

ハワイ島のコナからヒロへ行く途中みたい。

山々に雪化粧が施されるとより一層きれいで、祈りを捧げたい気持ちになります。

一度、本気でこの辺りに移住も考えたくらい大好きなところです。(残念ながら良い物件に巡り会えず)

これで海があればパーフェクトですね。ってことは、やっぱりハワイ島には一度暮らしてみたい。

さぁさぁ、原村へ到着。

丁度お昼の時間に来てしまったのですが、

アトリエdef  暮らしアドバイザーの小倉さんが丁寧に案内してくれました。

IMG_2173

 

こちらが八ヶ岳営業所です。前橋と同様お昼ご飯は皆さんで食事されてました。

しかも、なんと庭の木陰で!それくらい涼しいのです。

そして、料理に使ったボウルやまな板はデッキで天日干し。

やっぱりこの手すりは便利そう。

IMG_2172

 

この敷地にコンパクトな小屋がポツンポツンと建っていて、

デッキも渡り廊下みたいに隣り合わせに。

IMG_2170

 

反対から見た風景。手前の小屋も奥の小屋も本当に素敵。

IMG_2158

 

工務店の営業所というよりは、例えばですが正面が YAECAのプレスルーム、右手がカフェって佇まいにうっとり。

IMG_2159

 

息子は前橋同様、モデルハウスでお昼寝させていただきました。

明香も添い寝。起きたすぐの一言、「寝室に入ってくる風が涼しい!」

北に寝室があり、心地よい風が抜けていました。

太陽の光の入り具合、風の抜け具合、その土地の環境に寄り添った設計が素晴らしいです。

IMG_2177

 

 

起きました。腰に手をあてポージング。

右手リビングから一段降りて土間にマキストーブ。

 

IMG_2178

 

土間手前のスペース。

この椅子がまた可愛い。

 

IMG_2176

 

南側からの一枚。撮り忘れましたが二階からの眺めが最高でした。

IMG_2174

 

庭にはかまどがあります。うちもいずれはかまどを作って、薪でパンを焼きたい!

IMG_2179

 

庭にはブランコがあったり、ちょっとしたツリーデッキもありました。

IMG_2180

 

とにかく木がたくさん生えてるので木陰が涼しい〜!

この後、小倉さんがハンモックを出してくれてユラユラと。

この日は社長さんともお会いできて少しお話しました。

とても紳士な方で、お洒落で、今思うと建物と佇まいが似ている感じがします。

八ヶ岳営業所は女性のスタッフが多くて、設計の方とも少しお話をしたのですが、

皆さん凛としていてカッコ良いです。

この環境で仕事をしてると、背筋もピンとして声もハキハキ、生き生きと働けそう。

僕が女性で職場を決めるなら、丸の内のOLか? 八ヶ岳の OLか?もちろん八ヶ岳です。

もしまた機会があれば冬にまた訪れてみたいです。

北関東営業所、八ヶ岳営業所と訪れて アトリエdefさんのスタイル、スタンスがより一層身に染みました。

家を建てるってのは、おそらく一生に一度の経験になるでしょう。

長野から帰って来てからも、打ち合わせを重ね現場に行き、defさんと大工さんとの信頼関係の強さなどを感じました。

約半年後には完成予定です。本当に楽しみです。

 

さて次回は、いよいよ最終回。北杜市 明野編となります。

旧友に会いに行きました。どうぞ、お楽しみに。

 

なんとなく、原村でハンモックにゆられて聴きたい曲です。



 

 


2018/08/07 | その他 |